最終更新日:2022年1月12日

ページID:003455

印刷

ノロウイルス等の感染性胃腸炎の予防について

冬季はノロウイルス等を原因とする感染性胃腸炎が多発する時期です。

手洗いや食品の加熱など感染症対策を徹底しましょう。

感染性胃腸炎とは?

感染性胃腸炎は、ウイルス(ノロウイルス、ロタウイルス等)や細菌が原因による感染症で、毎年冬にかけて流行します。

1、2日後に、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛等を発症しますが、同時に発熱や関節痛等かぜに似た症状を伴う場合もあります。
通常、これらの症状が続いた後体調は回復しますが、便からは、2週間以上経ってからもウイルスが排出されることもあります。

潜伏時間

24時間から48時間(ノロウイルス)

感染経路

ウイルスや細菌が付着した手指を介して接触感染することがあります。

また、汚染された食品を食べることによる経口感染があります。

発症後、2週間程は周囲の方に感染を広げる可能性があります。

感染性胃腸炎を予防するために・・・

普段から手洗いの徹底にこころがけましょう。

食品や調理器具などからの二次汚染に注意しましょう。

加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱することが重要です。特にカキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱しましょう。

もし、感染症胃腸炎に感染した人の嘔吐物や便を処理することになった場合には、大量のウイルスが排出されていることがあるため、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用し、塩素系漂白剤を使ってペーパータオルなどで浸すように拭き取り、処理後は石鹸と流水で十分に手を洗いましょう。周囲の方に感染が広がらないよう気をつけましょう。

感染が疑わしい時は、医療機関に事前に電話してから受診しましょう。

情報配信元

民生部門 福祉保健課 保健センター

電話番号:0776-61-0111 

メール:m.health@town.eiheiji.fukui.jp
このページの担当にお問い合わせをする(メールフォームへ)

このページに関するアンケート

ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。

ご回答ありがとうございました。