本文へ

永平寺町

めぐる感動 心つながる清流のまち えいへいじ

文字の大きさを変える

フォントサイズ標準 フォントサイズ中 フォントサイズ大

配色を変える

背景標準 背景黒 背景青 背景黄

児童扶養手当について

最終更新日:2018年4月1日|ページID:001598 印刷

児童扶養手当

制度の目的 

 父または母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立の促進のために手当を支給し、児童の福祉の増進を図ることを目的とした制度です。 

受給資格者

 手当を受けることができるのは、次の1~9の条件にあてはまる児童を監護している父母または養育者です。
 児童とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある方(中度以上の障害がある場合は20歳未満まで)のことです。 

 1.父母が婚姻を解消した児童

 2.父または母が死亡した児童

 3.父または母が政令で定める程度の障害の状態にある児童

 4.父または母の生死が明らかでない児童

 5.父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童

 6.父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童

 7.父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童

 8.母が婚姻によらないで懐胎した児童

 9.母が婚姻によらないで懐胎した児童に該当するかどうか明らかでない児童等

 

次のような場合は、手当は支給されません。

 父、母または養育者が、日本国内に住所を有していないとき

 離婚等の支給要件に該当した日が平成10年4月1日以前のとき(父子家庭を除く)

 児童が、日本国内に住所を有していないとき

             児童福祉法に規定する里親に委託されているとき

             児童福祉施設に入所しているとき

             父または母と生計を同じくしているとき

             父または母の配偶者に養育されているとき

             婚姻しているとき 

手当額

 手当額は、請求者、配偶者および扶養義務者の前年の所得(1月から6月までの間に認定請求する場合は前々年の所得)によって決定されます。 

 なお、児童扶養手当は、毎年の全国消費者物価指数の変動に応じて支給する金額を改定する「物価スライド制」がとられています。

 

(平成30年4月以降)

対象者

全額支給

一部支給(注)

子ども1人のとき

月額 42,500円

所得に応じて月額42,490円から10,030円まで10円きざみの額です

子ども2人のとき

月額10,040円が加算されます

所得に応じて月額10,030円から5,020円まで10円きざみの額です

子ども3人以上のとき

1人につき月額6,020円が加算されます 所得に応じて月額6,010円から3,010円まで10円きざみの額です

(注)一部支給の手当月額計算式(下線部は10円未満四捨五入)  

【子ども1人のとき】

 手当額=42,500円-{(受給者の所得額(※1)-全部支給所得制限限度額(※2))×0.0187630+10円}-公的年金等受給額

【子ども2人目】

 手当額=10,040円-{ (受給者の所得額(※1)-全部支給所得制限限度額(※2))×0.0028960+10円}-公的年金等受給額

【子ども3人目以降】

 手当額=6,020円-{ (受給者の所得額(※1)-全部支給所得制限限度額(※2))×0.0017341+10円}-公的年金等受給額                    

※1 収入から給与所得控除等の控除を行い、養育費の8割相当額を加算した額です。

※2 所得制限限度額の表に定めるとおり、扶養親族等の数に応じて限度額が変わります。 

手当の支払い

 定例支払いは4月11日、8月11日、12月11日です。支払日が土、日、祝日にあたるときはその直前の金融機関が営業している日となります。 

支給の制限

 この制度は所得制限があり、前年の所得が下記の額以上の方は、その年度(8月から翌年の7月まで)の一部または全部が支給停止となります。 

所得制限限度額表

扶養親族等の数

             父母または養育者                

扶養義務者、配偶者、

孤児等の養育者

全部支給

 一部支給  

0人

190,000

1,920,000

2,360,000

1人

570,000

2,300,000

2,740,000

2人

950,000

2,680,000

3,120,000

3人

1,330,000

3,060,000

3,500,000

4人

1,710,000

3,440,000

3,880,000

5人

2,090,000

3,820,000

4,260,000

児童扶養手当における所得額=年間収入金額-必要経費(給与所得控除額)+養育費の80%-8万円-諸控除 

申請手続きについて

 この手当を受けるには申請が必要です。次の書類を添えて申請してください。手当は、申請した翌月分から支給となります。

  1. 児童扶養手当認定請求書 
  2. 養育費に関する申告書
  3. 公的年金調書
  4. 児童扶養手当新規請求に係る調書(聞取票)
  5. 戸籍謄本(請求者および児童)
  6. 住民票(世帯全員のもの)
  7. 振込先の預金通帳
  8. 年金手帳
  9. マイナンバーカード(個人番号カード)または通知カード

 その他の書類が必要な場合もありますので、詳しくは子育て支援課までお問い合わせください。

現況届

 すべての受給資格者(支給停止されている方を含む)は、毎年8月に現況届を提出しなければなりません。引き続き手当を受けるために必要なものですから必ず提出してください。

 この届を2年間提出しない場合は、時効により受給資格がなくなります。 

各種届出

 受給資格等に変更があった場合には、該当する届をすみやかに提出してください。

 (1)  資格を喪失したとき

 (2)  住所を変更したとき

 (3)  その他

 届出をしないまま手当を受けた場合、受給資格がなくなった月の翌月以降に受け取った手当を返還していただくことになりますので、すみやかに届け出てください。 

手当の一部支給停止

 下記の(1)、(2)のいずれかに該当するときは、「就業」等の必要条件を満たしていないと手当の2分の1が減額されます。

 (1)手当を受給されてから5年を経過したとき

 (2)離婚や死別等の手当の支給要件に該当してから7年を経過したとき

   ただし、下記の1~5のいずれかに該当する人で、「児童扶養手当一部支給停止適用除外事由届出書(緑色の用紙)」および必要書類を提出された場合は、減額となりません。

 1.就業している場合

 2.求職活動等自立を図るための活動をしている場合

 3.身体上または精神上の障害がある場合

 4.負傷または疾病により就業することが困難な場合

 5.監護する児童や親族が障害や病気のために介護が必要であるため、就業することが困難な場合

 ・それぞれ証明書等が必要となります。

 ・この書類の提出は現況届と併せて毎年必要となります。

 

   児童扶養手当と公的年金給付等との併給制限の見直しについて

ご意見をお聞かせ下さい

ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせ下さい。





 

情報発信元

民生部門 子育て支援課

電話番号:0776-61-7250 ファックス:0776-61-2434
メール:kosodate@town.eiheiji.fukui.jp
返信が必要な場合はメール本文にお名前、ご連絡先をご記入下さい。
問い合わせする
最終更新日:2018年4月1日|ページID:001598 印刷
永平寺町役場 本庁 〒910-1192 福井県吉田郡永平寺町松岡春日1丁目4番地(地図・アクセス) 代表番号 0776-61-1111/ファックス 0776-61-2434