最終更新日:2015年11月16日

ページID:002719

印刷

平成27年第4回臨時会 提案説明

 平成27年第4回臨時会 提案説明

平成27年11月 

平成27年 第4回臨時町議会 町長あいさつ(提案理由)

 平成27年 第4回 永平寺町議会 臨時会の開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 11月に入り「立冬」が過ぎ、暦のうえでは冬の始まりを迎えており、日一日と寒さがつのりますが、議員各位におかれましては、ご壮健でご活躍のことと心よりお慶びを申し上げます。

第四回臨時会のご案内を申し上げましたところ、大変お忙しい中ご参集を賜り、厚く御礼申し上げます。

 平成27年度も7か月余りが経過し、現在、町が取り組んでいる状況や課題等を報告し、町民の皆様から町政全般へのご意見を広く伺うことを目的に、今月二日から町内七箇所で町政懇談会を計画し。明日で予定しました全ての懇談会が終了いたします。懇談会によせられた皆様の「声」を大切にして、魅力ある町づくりを推進して参ります。

 さて、本日の臨時会は、平成27年度一般会計の補正予算の専決、損害賠償の額を定めることの専決及び永平寺町個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部を改正する条例について、ご審議いただくため開催したところであります。

 それでは、本臨時会に提出いたします議案等について申し上げます。

 平成27年度一般会計補正予算の専決処分の承認につきましては、

 10月からのマイナンバー制度開始に伴い、情報セキュリティ及び庁内ネットワークの強化を図るために、19,392千円を計上させていただいたものでございます。

 これらは、速やかに対応する必要がございましたので、専決処分をいたしましたので、ご承認をお願いするものであります。

 なお、これらの歳出の財源となります歳入につきましては、前年度繰越金により措置をしております。

 次に、損害賠償の額を定めることについて、町有施設内における人身賠償事故の相手方に対する損害賠償の額が示談によって確定し、早急に支払う必要が生じたため、専決処分をいたしましたので、地方自治法の規定により、議会の承認を求めるものでございます。

 次に、条例の制定および一部改正について申し上げます。

 行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(いわゆる番号法)に規定された事務以外で、町が条例制定などにより実施している事務で、税情報など庁内連携によりマイナンバーを独自利用する場合は、個人番号の利用範囲について条例において定めておく必要があるため、今般条例の一部を改正させていただくものでございます。

 以上、本議会に提案いたします議案等について、その概要を申し上げましたが、詳細につきましては、上程の際にご説明いたしますので、慎重にご審議いただき、妥当なご決議を賜りますようお願い申し上げまして、開会のごあいさつといたします。

情報配信元

永平寺町

電話番号:0776-61-1111 
ファックス:0776-61-2434

このページの担当にお問い合わせをする(メールフォームへ)