トップページ > 永平寺町の防災対策 > はじめに(説明) >  > わが家の防災オリジナルマップ
【わが家の防災オリジナルマップとは】
 永平寺町洪水ハザードマップは、九頭竜川と荒川が大雨によって増水し、 堤防が決壊したり水が溢れたりした場合に、「どの範囲まで浸水するか?」「浸水の深さはどのくらいになるか?」 を予測し表示しています。
マップに記載している情報の他にも、身近な危険箇所があります。
 いざという時に備えて、自宅や職場等を中心とした「防災地図」を自分たちでつくり、この地図上に、 より具体的な注意事項、決め事、防災対策を 書き込めるようにしたものです。
作成フロー
【作り方】

1.ひな型ファイルをダウンロード

 わが家の防災オリジナルマップのひな型ファイルをダウンロードします。

■Word形式で作成する場合
(浸水情報入りの地図で作成する場合)
ここを右クリックしてダウンロード(Original_map_01.doc)

(白地図で作成する場合)
ここを右クリックしてダウンロード(Original_map_02.doc)

■OpenOffce 形式で作成する場合
(浸水情報入りの地図で作成する場合)
ここを右クリックしてダウンロード(Original_map_01.odt)

(白地図で作成する場合)
ここを右クリックしてダウンロード(Original_map_02.odt)
※Microsoft Office Word をお持ちでない方は「Open Office (フリーソフト)」で作成しましょう。
次のリンクボタンから Open Office 及び文書作成ソフトをダウンロードできます。



2.自分の住んでいる地区の地図を開く

 ■背景にしたい地図をクリックして下さい。
 ※1 お住まいの地域(松岡地区、永平寺地区、上志比地区)に合わせた地図を参照することもできます。
 ※2 航空写真を背景に使いたい場合は、「永平寺町洪水ハザードマップ全域版」を参照ください。
松岡地区版(PDFファイル  11,298 KB)洪水HM松岡地区版
永平寺北・中地区版(PDFファイル  10,249 KB)洪水HM永平寺北・中地区版
永平寺中・南地区版(PDFファイル  10,902 KB)洪水HM永平寺中・南地区版
上志比地区版(PDFファイル  17,702 KB)洪水HM上志比地区版
永平寺町洪水ハザードマップ全域版(PDFファイル  22,681 KB)洪水HM永平寺町全域版


 ■上記のリンクをクリックすると、洪水ハザードマップが開きます。


3.自宅を中心に地図を拡大

 ※PDF ファイルのツールバーについて
 ■PDF ファイルを開くと、画面情報に次のようなツールバーがあります。ここのボタンで地図の印刷、保存、拡大、縮小、移動、編集等地図の画面制御に関する操作を手軽に操作できます。

PDF のツールバー

 ■開いたPDFのファイルの「虫めがねアイコン」虫眼鏡アイコンで地図を拡大・縮小して地図を見やすいようにします。

 ※地図の主題情報(レイヤー)の切り替え表示について
     PDF のレイヤーメニュー
 ■開いた洪水ハザードマップのPDFファイルはレイヤの階層構造PDF レイヤー表示で表示している情報を切替え(表示、非表示)ができます。
 ※例えば、「土砂災害」の地図を消して使いたい場合は、「目の形をしたアイコン」PDF レイヤー表示切り替えのボタンをクリックすることで、レイヤーの表示/非表示の切替えができます。

 ■次に、「手のひらアイコン」手のひらアイコンをクリックした後、地図上をドラッグして自宅等が中心になるように移動します。 


4.画面上の地図をコピー

 ■開いているPDFファイルのカメラの形をしたアイコンカメラアイコン(スナップショットツール※3)をクリックします。

 ■次に、地図上のコピーしたい範囲をマウスでドラッグして範囲指定します。
すると「選択した領域がコピーされました」というメッセージが表示されるため「OK」ボタンを
クリックします。
コピー完了

※3 Adobe Readerの画面でカメラアイコン(スナップショットツール)が表示されていない
場合は、ツールバー上で右クリックし、「その他のツール(M)」を選択すると、その他の
ツールリストが表示されますので、スナップショットツールのアイコンをチェックし、
「OK」ボタンをクリックします。



5.ひな型ファイルにコピーした地図を貼り付け

 ■ダウンロードしたひな型ファイル(Original_map.doc)を開きます。
ひな型のイメージ

 ■次に、マウスのカーソルをひな型ファイルの地図貼り付け枠(※4)の左上に置き、
 「編集(E)」→「貼り付け(P)」を実行します。
※4:図上の赤枠部分

貼り付けイメージ

 これで、ひな型ファイルに自宅を中心とした地図が貼り付けられます。

 ■次に、貼り付けた地図の体裁を整えるために、地図を枠の中央に配置するようにしたり、
 大きさを調整します。


6.地図に自宅、集合場所、目印、危険箇所等を記入

 ■ひな型ファイルの右にある凡例のアイコン(※5)を貼り付けた地図上にマウスでドラッグし、
 自分で配置したい場所に置きます。
アイコン配置
※5:図上の赤枠部分

 ■「わが家の集合場所」や「わが家の取り決め」等、メモ欄に必要事項を記入します。



7.プリンターから出力 できあがり!

 ■アイコンの配置、コメントの記入などが完了したら、プリンターから出力をします。
 ■これで「わが家の防災オリジナルマップ」の完成ですが、最後に、忘れずに、
 この作ったファイルをいつでも出力できるよう、ファイルの保存をして、文書作成ソフトを
 終了します。

<< 一つ前のページへ戻る