最終更新日:2020年4月16日

ページID:010210

印刷

新型コロナウイルス感染症に関する中小企業の資金繰り支援について

 永平寺町の金融支援について

福井県制度融資「経営安定資金(新型コロナウイルス対策分)」利子補給

永平寺町では、福井県中小企業者向け経営安定資金の融資を受けた中小企業者・小規模事業者の方に、支払った利子(1年間全額)を補助します。

  ⇒ 福井県中小企業向け制度融資「経営安定資金(新型コロナウイルス対策分)」の詳細(新しいウインドウが開きます)(新しいウインドウが開きます)について

     (新しいウインドウが開きます)

利子補給対象者

1. 本町に事務所を有し事業を営んでいる法人、又は、本町に事務所を有し事業を営んでいる個人事業者

2. 各種町税を完納していること

利子補給額

 支払った利子1年分の全額  ※返済延滞分にかかる利子は補給対象外です。

申請方法

 対象事業者の方には、別途永平寺町よりご連絡します。

永平寺町中小企業資金融資制度の条件緩和

従来の永平寺町中小企業資金融資制度では、1事業者は融資の重複ができませんでしたが、融資限度額(1,500万円)内において、運転資金に限り重複可能としました。  ※令和2年9月30日受付分まで

 制度融資の詳細は、永平寺町中小企業資金融資制度について(新型コロナウイルス感染症による制限緩和)をご確認ください。

 セーフティネット保証制度の利用について

新型コロナウイルスの影響により、経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金繰りの円滑化を図るため、福井県信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で保証を行う制度です。

※売上高等の減少について、永平寺町の認定が必要です。

【セーフティネット保証第4号】

 自然災害等の突発的事由により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額(2.8億円)とは別枠で借入債務の100%を保証する制度  

対象者

1.永平寺町において1年以上継続して事業を行っていること。

2.新型コロナウイルスの発生に起因して、影響を受けた後、原則として最近1ヶ月の売上高又は販売数量が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2ヶ月を含む3ヶ月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。

内容(保証条件)

1.対象資金  経営安定資金

2.保証割合  借入債務の100%保証

必要書類

 申請様式(ワード形式 57キロバイト)

 登記事項証明書の写し(直近3か月のもの) 、個人事業主の場合は、事業所所在地が確認できる書類。

 売上金額等がわかる資料(前年分:確定申告書の写し等、本年度分:事業所証明のある資料・台帳等) 

 金融機関等への委任状様式(ワード形式 13キロバイト)

【セーフティネット保証第5号】

全国的に業況の悪化している業種に属することにより、経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額(2.8億円)とは別枠で80%保証する制度

 対象者

1.永平寺町において1年以上継続して事業を行っていること 。

2.指定業種に属する事業を行っており、新型コロナウイルスの発生に起因して最近3か月間の売上高等が前年同期比で5%以上減少している方。

内容(保証条件)

1.対象資金   経営安定資金

2.保証割合   借入債務の80%保証

認定の種類

(イ)指定業種(不況業種)に属し、売上高等の前年比5%以上減少していること

〈通常の認定〉

・イー1.  1つの指定業種に属する事業のみを行っていて、兼業者であって行っている事業が全て指定業種である方

・イ-2.  兼業者であって、主たる事業が属する業種が指定業種に該当する方

・イ-3.  兼業者であって、1以上の指定業者(主たる業種かどうかを問わない)に属する事業を行っている方

(ロ)指定業種に属し、原油等の仕入価格が製品等価格へ転嫁できていないこと

必要書類

 (イ)-1.2.3.申請様式:通常認定(ワード形式 32キロバイト)

 (イ)-4.5.6申請様式:認定基準緩和(ワード形式 37キロバイト)

 ※(ロ)の申請書が必要な方は、お手数ですが商工観光課までお問い合わせください 。

 登記事項証明書の写し(直近3か月のもの) 、個人事業主の場合は、事業所所在地が確認できる書類。

 売上金額等がわかる資料(前年分:確定申告書の写し等、本年度分:事業所証明のある資料・台帳等)

 金融機関等への委任状様式(ワード形式 13キロバイト) 

【創業等運用の緩和】
業歴3か月以上1年1か月未満の事業者、または、1年前から店舗数・事業内容の増加や業態を変更したことにより、事業全体で売上高等の前年比較をすることができない事業者においては、以下のいずれかに該当すれば対象となります。

 ※ 各基準とは、4号は20%、5号は5%です。

1.直近1か月の売上高等が、直近1か月を含む最近3か月間の平均売上高率と比較して、各基準以上に減少していること。  

2.直近1か月の売上高等が、令和元年12月の売上高等と比較して各基準以上に減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が令和元年12月の売上高等の3倍と比較して各基準以上に減少することが見込まれること。

3.直近1か月の売上高等が、令和元年10月から12月の平均売上高等と比較して、各基準以上に減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が令和元年10月から12月の売上高等と比較して各基準以上に減少することが見込まれること。

※申請書が必要な方は、お手数ですが商工観光課までお問い合わせください 。

【危機関連保証制度について】

 東日本大震災やリーマンショックといった危機時に、全国・全業種を対象として、信用保証協会が通常の保証限度額(2.8億円)およびセーフティネット保証の保証限度額(2.8億円)とは別枠(2.8億円)で借入債務の100%を保証する制度

対象者

1.永平寺町において1年以上継続して事業を行っていること 。

2.新型コロナウイルスの発生に起因して、原則として、最近1ヶ月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2カ月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15%以上減少することが見込まれる方。

内容(保証条件)

1.対象資金   経営安定資金

2.保証割合   借入債務の100%保証

 申請様式(ワード形式 26キロバイト)

 登記事項証明書の写し(直近3か月のもの) 、個人事業主の場合は、事業所所在地が確認できる書類。

 売上金額等がわかる資料(前年分:確定申告書の写し等、本年度分:事業所証明のある資料・台帳等) 

 金融機関等への委任状様式(ワード形式 13キロバイト)

    ~手続きについて~

 対象となる中小企業者の方は、各金融機関を通じて商工観光課へ認定申請書を1部提出し、認定を受け、福井県信用保証協会に認定書を持参の上、 保証付き融資を申し込む必要があります。

 ※融資の可否は、信用保証協会および金融機関を経て決定されます。

 セーフティネット保証についての詳細は、中小企業庁のホームページ(セーフティネット保証制度 中小企業信用保険法第2条第5項及び第6項)(新しいウインドウが開きます)をご確認ください。

 その他、関係機関からのお知らせ、支援情報

経済産業省:新型コロナウイルス(COVID-19)による企業への影響を緩和し、企業を支援するための施策について (新しいウインドウが開きます)

厚生労働省:新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け) (新しいウインドウが開きます)

福井労働局:新型コロナウィルス感染症に関する労働者・企業の方向けの情報 (新しいウインドウが開きます)

福井県信用保証協会:新型コロナウイルス関連情報(新しいウインドウが開きます)

日本政策金融公庫:新型コロナウイルスに関する相談窓口 (新しいウインドウが開きます)

福井県商工会連合会:新型コロナウイルス感染症関連情報(新しいウインドウが開きます)

福井県商工会議所:新型コロナウイルス対策特設ページ(新しいウインドウが開きます)

 

情報配信元

産業建設部門 商工観光課

電話番号:0776-61-3921 
ファックス:0776-61-2474
メール:shoko@town.eiheiji.fukui.jp
このページの担当にお問い合わせをする(メールフォームへ)

このページに関するアンケート

ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。

ご回答ありがとうございました。