最終更新日:2021年3月18日

ページID:010570

印刷

日本脳炎ワクチンの不足について

日本脳炎ワクチンが不足しています

日本脳炎ワクチンを製造している2社のうち、1社のワクチンの製造が一時停止した影響を受けて、令和3年度の特に前半に、ワクチンの供給量が大幅に減少し、例年の供給量の半分程度になると厚生労働省から通知がありました。供給量を増やすため、増産を行い不足分を補うとのことですが、令和3年秋頃までは ワクチン不足のため日本脳炎の予防接種の予約が取りづらい状況です。
 

接種の優先順位

供給が安定するまでは、4回接種のうち1期の2回(1回目及び2回目)の接種を優先することとなっています。

ただし、定期接種として接種が受けられる年齢の上限※が近づいている場合には、定期接種で受けられる年齢を過ぎないように接種を行うこととなります。

※1期(1回目から3回目接種)は、生後6か月から生後90か月に至るまで、2期(4回目接種)は、9歳以上13歳未満が対象。

 特例措置として、2007(平成19)年4月2日から2009(平成21)年10月1日生まれの者は、9歳以上13歳未満の間に、定期接種として1期の接種が可能。また、1995(平成7)年4月2日から2007(平成19)年4月1日生まれで、20歳未満の者については、4回の接種が終了していない場合には、定期接種として1期及び2期の接種が可能。

令和2年度の日本脳炎第2期の対象の方

令和2年4月に発行した予診票の期限は令和3年3月31日までとなっています。

平成22年4月2日から平成23年4月1日生まれの方(令和2年度小学4年生)は13歳の誕生日前日まで、

平成14年4月2日から平成15年4月1日生まれの方 (特例対象者;令和2年度高校3年生)の方は20歳の誕生日前日まで、接種が可能となっており、ワクチンの供給が安定したころに接種を受けることをお願いしています。 詳しくは保健センターまでご相談ください。

令和3年度の日本脳炎第2期の対象の方

令和3年4月に予診票を発送します。

平成23年4月2日から平成24年4月1日生まれの方(令和3年度小学4年生)

平成15年4月2日から平成16年4月1日生まれの方 (特例対象者;令和3年度高校3年生)

対象者の皆さまは、供給量が回復するまで接種をおまちください。

ご協力をお願いいたします。

情報配信元

民生部門 福祉保健課 保健センター

電話番号:0776-61-0111 

メール:m.health@town.eiheiji.fukui.jp
このページの担当にお問い合わせをする(メールフォームへ)

このページに関するアンケート

ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。

ご回答ありがとうございました。