最終更新日:2016年2月22日

ページID:002295

印刷

永平寺町未来会議

町民の皆様の声を行政に! 会員大募集!

 永平寺町未来会議は、永平寺町がもっと素晴らしい町になるためのアイディアや施策をみんなで考える会です。
 皆様と共により素晴らしい永平寺町をつくりあげましょう!

会員登録方法

方法1

添付ファイルの申込用紙を印刷して、必要事項を記入後、永平寺町役場本庁・各支所に提出。

(下記の連絡先にFAX・メールも可)

方法2

永平寺町役場本庁・各支所で、申込用紙を記入。

方法3

電話による受付。その場合、事務局から会員申込用紙を郵送。

会 員 対 象

永平寺町内に在住及び通勤・通学している者

(ただし、下記に該当する場合は対象外)

(1)営業活動や政治・宗教的な思想信条を主たる目的とする場合

(2)公序良俗に反する活動をする、又はその恐れがある場合

(3)特定の個人や団体を誹謗する内容の懇談を希望する場合

(4)その他、趣旨に照らし適当ではないと認められる場合

●会 員 任 期

平成28年3月31日まで(入会・脱退は自由)

会 議

 第1回町民まちづくり会(仮)

 8月28日(木)に永平寺町四季の森文化館傘松閣広間で第1回町民まちづくり会(仮)が開催されました。 
 会議では、会員になられた20~70代の男女16人が出席。自己紹介や参加したきっかけ、意気込みなど永平寺町に対する熱い想いを語っていただきました。
 河合町長は、「町民の皆様と一体となって、より素晴らしい永平寺町をつくりあげていきたい」と述べられました。

 第2回町民まちづくり会(仮)

 10月6日(月)に永平寺町四季の森文化館傘松閣広間で第2回町民まちづくり会(仮)が開催されました。 
 会議では、前回の会議より増えて会員20人が出席。「永平寺町の人口減少対策」をテーマに、グループごとに分かれて話し合いを行い、出てきた案を発表していただきました。
 また、会名称は”町民まちづくり会”から、会員の皆様の公募により”永平寺町未来会議”に決定しました。

 第3回永平寺町未来会議

 11月11日(月)に永平寺町四季の森文化館傘松閣広間で第3回永平寺町未来会議が開催されました。 
 会議では、会員19人が出席。前回に引き続き「永平寺町の人口減少対策」をテーマに、「労働」「福祉子育」「住居整備」「情報発信」の分野に分かれて、話し合いを行っていただきました。
 会員の皆さんからは、「ワクチンの助成による子育て支援」や「大学を巻き込んだ企業誘致」など、数多くの意見が飛び交い、活発な会議となりました。

 第4回永平寺町未来会議

 12月18日(木)に永平寺開発センター 2F 研修室で第4回永平寺町未来会議が開催されました。 
 会議では、会員14人が出席。「労働」「住居整備」「福祉子育」「情報発信」の4つのテーマで前回出された多くの意見の中から、いくつか選択してもらい、その意見をより具体的なものとするための話し合いが行われました。 会員からは、「婚活」「企業誘致」「世代別に情報発信」などの提案が発表され、河合町長は「27年度から取り入れられるものは、実施したい」と述べられました。

 第5回永平寺町未来会議

 1月30日(木)、第5回永平寺町未来会議が永平寺町役場消防庁舎3階大会議室で開催されました。
 会議では、会員である男女20名が出席し、「今後の運営方針」について話し合いを行いました。会員の皆さんからは、熱い想いや意見が積極的に飛び交い、非常に意義のある会議となりました。

 第6回永平寺町未来会議

 3月12日(木)、第6回永平寺町未来会議が永平寺町役場消防庁舎3階大会議室で開催されました。
 会議では、会員である男女17名が会議に出席。第2回~第4回まで話し合いを行った「永平寺町の人口減少対策」で、会員からの提案が、来年度(平成27年度)の事業にどのように取り入れられたのか町より説明があり、会員たちは熱心に聞き、メモをとっていました。その後、前回に引き続き「今後の運営方針」について話し合いが行われ、会員の皆さんを中心に決定しました。次回は、「観光」をテーマに話し合いを行います。

 第7回永平寺町未来会議

 4月27日(月)、第7回永平寺町未来会議が永平寺町四季の森文化館傘松閣広間で開催されました。
 会議では、会員である男女16名が出席。「観光振興~永平寺町に100万人呼び込むために~」をテーマに、町の観光の中心である大本山永平寺布教部部長を講師としてお招きし、会員たちは「歴史」や「禅の教え」の講話を熱心に聞いていました。 次回は、分野ごとのグループに別れて、話し合いを行います。  

 第8回永平寺町未来会議

 5月28日(木)、第8回永平寺町未来会議が永平寺町四季の森文化館傘松閣広間で開催されました。
 会議では、会員である男女11名が出席。「観光振興~永平寺町に100万人呼び込むために~」をテーマに、4つのグループに別れて、話し合いがスタートし、「永平寺町でしか買えないお土産品を作る」や「ターゲットを絞って情報発信する」など、活発な意見が飛び交っていました。河合町長は、会員たちと積極的に話し合いを行い、「地方創生・地方再生に活かしていきたい」と述べられました。  

 第9回永平寺町未来会議

 7月7日(火)、第9回永平寺町未来会議が永平寺町四季の森文化館傘松閣広間で開催されました。
 会議では、会員である男女15名が出席。前回に引き続き、「観光振興~永平寺町に100万人呼び込むために~」をテーマに、4つのグループに別れて、話し合いがスタートし、「町民一人一人が観光大使として永平寺町をPRする」や「外国人の受け入れ体制の充実」など、活発な意見が飛び交っていました。河合町長は、具体的政策につなげるためにもとことん話を深めていきたい」と述べられました。 

第10回永平寺町未来会議

 8月10日(月)、第10回永平寺町未来会議が永平寺町四季の森文化館傘松閣広間にて開催されました。

 会議では、会員である男女17名が出席。前回に引き続き、「観光振興~永平寺町に100万人呼び込むために~」をテーマに、4つのグループに別れて、話し合いがスタートし、「永平寺町観光検定試験の導入」や「九頭竜川で鮎のつかみ取りや川下り体験ができるように整備する」など、活発な意見が飛び交っていました。河合町長は、「具体的政策につなげるためにも次回も話を深めていきたい」と述べられました。

第11回永平寺町未来会議

 9月24日(木)、第11回永平寺町未来会議が永平寺町四季の森文化館傘松閣広間にて開催されました。

 会議では、会員である男女10名が出席。 前回に引き続き、「観光振興~永平寺町に100万人を呼び込むために~」をテーマに4つのグループに別れて、話し合いがスタートし、会員からは、「祖跡コースでマラソン大会を開催」や「観光大使になっていただくために観光検定を導入」など、活発な意見が飛び交っていました。河合町長は、「次年度に反映できるものについては政策に繋げたい」と述べられました。

第12回永平寺町未来会議

 11月12日(木)、第12回永平寺町未来会議が永平寺町四季の森文化館映像ホールにて開催されました。

 会議では、会員である男女11名が出席。 会員の方から要望があったことから、「財政から見る永平寺町の未来」というテーマで勉強会を実施。平成26年度の決算から歳入・歳出の割合や今後の財政の見通しなど、財政課長から30分程度の説明が行われ、会員の方は熱心にメモを取ったり、積極的に質問を行っていました。

第13回永平寺町未来会議

 2月18日(木)、第13回永平寺町未来会議が永平寺開発センターにて開催されました。

 会議では、会員である男女16名が出席。「住民参加」のテーマで、「永平寺町未来会議の会員数増加や若い世代の入会」に焦点が絞られ、「今後の未来会議のあるべき姿」について話し合いを行っていました。次回も引き続き、「住民参加」のテーマで会議が行われます。

情報配信元

総務部門 総務課

電話番号:0776-61-3941 
ファックス:0776-61-2434
メール:somu@town.eiheiji.fukui.jp
このページの担当にお問い合わせをする(メールフォームへ)

このページに関するアンケート

ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。

ご回答ありがとうございました。