最終更新日:2022年5月17日

ページID:010584

印刷

令和4年度母子保健事業のお知らせ

母子健康手帳の交付

永平寺町に住所があり、妊娠の届出をされた方に交付します。
届け出には原則、妊婦されたご本人がお越しください。

交付場所・時間

永平寺町保健センター  永平寺町松岡吉野堺15号44番地  ☎0776-61-0111

月曜日から金曜日、第2日曜日・第4土曜日(祝日を除く)の開館日

午前8時30分~午後5時15分
妊娠届用紙やアンケートの記入がありますので、時間に余裕をもってお越しください。

持ち物

マイナンバーカードもしくは通知カード、身分証明証 (運転免許証・健康保険証等)

妊婦健康診査

妊娠中に定期的に健康診査を受けることでお母さんの健康状態と赤ちゃんの発育を確認します。

下記の妊婦健診受診票綴は母子健康手帳交付時に交付します。

妊婦健診 受診票 14枚
子宮頸がん検診 受診票 1枚
初期血液検査 受診票 1枚
HTLV-1抗体検査 受診票 1枚
性器クラミジア検査 受診票 1枚

受診場所

県内の医療機関等
※里帰り出産などで県外で受診される場合は、助成額の払い戻しを受けることができます。
 

産婦健康診査

産後はホルモンバランスの変化などで心身ともに不安定になりやすい時期です。心と体の不調を早期に発見するため、産婦健康診査助成を実施します。
受診券は母子健康手帳交付時に交付します。

対象者

 令和4年4月1日以降に出産し、かつ出産日において永平寺町の住民票を有する産婦

健診時期

おおむね産後1か月 

助成金額

5,000円上限  ※上限額を超える場合は、自己負担になります。

受診場所

県内医療機関等 
※里帰り出産などで県外で受診される場合は、助成額の払い戻しを受けることができます。
 

新生児聴覚検査

新生児聴覚検査とは赤ちゃんが受ける「きこえの検査」です。聞こえにくさを早期に発見し、適切な援助をしてあげることは、赤ちゃんの言葉と心の成長にとても大切です。
受診券は母子健康手帳交付時に交付します。
 

対象者

令和4年4月1日以降に出生し、かつ検査日において永平寺町に住民票がある母親が出産した児

検査時期

おおむね生後1週間

助成金額

5,600円上限  ※上限額を超える場合は、自己負担になります。 

受診場所

県内医療機関等
 ※里帰り出産などで県外で受診される場合は、助成額の払い戻しを受けることができます。
 

乳児健康診査

1ヶ月、4ヶ月、9~10ヶ月児健康診査は、母子健康手帳交付時に交付した受診票で受診することができます。

個別通知はしておりませんので、対象月齢になりましたら、母子健康手帳 ・受診票等をお持ちになって、県内医療機関で受診して下さい。
※里帰り出産などで県外で受診される場合は、助成額の払い戻しを受けることができます。

   福井県以外で妊産婦・乳児健康診査、定期予防接種をする場合に係る費用助成について
 

転入・転出などをする方

県外で里帰り出産をする方

福井県外の医療機関等で妊産婦・乳児健康診査等を受けた方の健診費用を払い戻します。受診票に記載にされた金額が上限となります。里帰り出産を予定している方は、事前に保健センターにご連絡下さい。

福井県以外で妊産婦・乳児健康診査、定期予防接種をする場合に係る費用助成について

町外から転入した方

前住所地の妊産婦・乳児健康診査等受診票と永平寺町の受診票と差し替えますので手続きをお願いします。

〈必要なもの〉母子健康手帳、未使用の受診票(前住所地発行の受診票)

〈交付場所〉永平寺町保健センター

永平寺町外へ転出される方

永平寺町外へ転出された場合、永平寺町の受診票は使用できません。転出先の市町村へお問い合わせ下さい。
なお、母子健康手帳はそのままお使いいただけます。

転入したお子様(乳幼児)の保護者の方にお願い

乳幼児健康診査・予防接種等の確認のため、母子健康手帳・予診票をお持ちになって、保健センターまでお越し下さい。

赤ちゃん訪問

保健師がご家庭を訪問し、赤ちゃんの体重測定や発育のチェック、予防接種や育児についての相談を行います。
訪問の日時については、事前に連絡させていただきます。

育児相談、1歳6ヶ月・3歳児健康診査、予防接種

育児相談・幼児健康診査の日程等については下記の添付ファイル「令和4年度永平寺町母子保健事業」をご覧下さい。

予防接種については、対象者に個別にご案内いたします。

未熟児養育医療

未熟児養育医療とは、養育のための入院を必要とする未熟児に対し、指定養育医療機関において、医療の給付又は医療に要する費用を支給する制度です。一般の新生児に比べて疾病にかかりやすい未熟児に対し、生後速やかに適切な処置を講じることで、出生児の健康を保持増進することを目的としています。

申請

養育医療を受けるお子様の保護者は、医療機関から養育医療給付意見書をもらったら、速やかに申請においで下さい。養育医療の給付を決定した時には、養育医療券を交付します。

対象

永平寺町に居住地を有し、医師が入院養育を必要と認めた未熟児

※入院にかかる医療のみ。通院は対象外です。

申請場所

永平寺町保健センター 永平寺町松岡吉野堺第15号44番地  ☎0776-61-0111

申請に必要なもの

  1. 養育医療給付申請書(保護者が記入)
  2. 養育医療意見書(担当医師が記入)
  3. 世帯調書(保護者が記入)
  4. 養育医療自己負担金に係る同意書(保護者が記入)
  5. 健康保険証(お子様の名前が記載されたもの)
  6. 印鑑
  7. 世帯調書に記載された者の町民税額等に関する証明書

    ※詳細については、お問い合わせのうえ申請して下さい。

子育て支援事業

子育て支援事業として、育児相談や身体計測、栄養相談を行っています。

日程や内容については、毎月の広報永平寺の行事予定表をご覧下さい。

産後ケア事業

産後のお母さんを対象に、医療機関や助産院で母乳相談等を受けられる産後医療相談券を発行しています。

対象者

永平寺町に住民登録のある方で、1歳未満の赤ちゃんのお母さん

利用期間

出産の日から1年以内

利用回数

お1人1回

費 用

1人1回に限り5,000円を上限とし、そのうち利用者が500円を病院に支払うことになります。
※5,000円を超える部分については自己負担となります。

申請方法

事前に永平寺町保健センターまでお申込みください

添付ファイル


PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報配信元

民生部門 福祉保健課 保健センター

電話番号:0776-61-0111 

メール:m.health@town.eiheiji.fukui.jp
このページの担当にお問い合わせをする(メールフォームへ)

このページに関するアンケート

ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。

ご回答ありがとうございました。