最終更新日:2018年11月1日

ページID:001599

印刷

ひとり親家庭等に対する医療費の助成制度

ひとり親家庭やひとり暮らしの寡婦の医療費(保険診療分)を助成します。
 

【お知らせ】平成30年4月診療分から中学3年生までのお子様の医療費が「窓口無料」になりました

 中学3年生までのお子様が県内の医療機関を受診する場合、カードサイズの新しい「子ども医療費受給者証」と

 「健康保険証」を提示することにより、医療費(保険診療分)の自己負担分を支払わずに受診できます。

●助成対象者

 ・母子家庭の母および児童(満20歳未満)

 ・父子家庭の父および児童(満20歳未満)

 ・ひとり暮らしの寡婦(※後期高齢者医療の対象の方は除きます)


ただし、これらの要件に該当していても所得制限等の条件により、助成が受けられない場合もあります。

所得制限の基準は児童扶養手当に同じです。

 ●助成対象となる医療費

医療機関の窓口で支払った各種医療保険適用による自己負担額

(高額療養費や附加給付金等は支給調整します)

●手続きについて

この手当を受けるには申請が必要です。次の書類を添えて申請してください。

 ・ 母子家庭等医療費受給資格認定申請書

 ・ 対象者全員の健康保険証(写し)

 ・ 受給者名義の金融機関の通帳(写し)

 ・マイナンバーカード(個人番号カード)または通知カード

その他の書類が必要な場合もありますので、詳しくは子育て支援課までお問い合わせください。

情報配信元

民生部門 子育て支援課

電話番号:0776-61-7250 
ファックス:0776-61-3464
メール:kosodate@town.eiheiji.fukui.jp
このページの担当にお問い合わせをする(メールフォームへ)

このページに関するアンケート

ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。

ご回答ありがとうございました。