最終更新日:2014年2月18日

ページID:002126

印刷

国民健康保険とは

国民健康保険(国保)とは

国民健康保険とはどんな保険なのでしょうか?
よく耳にしますが、実際の意味を知らない人もいると思います。
国民健康保険を定義すると保険に加入している人が、病気やケガをした時に病院の診療費を一部負担する社会保険のことをいいます。
保険に加入する職業は、自営業の人、農家や主婦の人、社を退職した人、未成年の学生などが加入する保険となります。国民健康保険を運営しているのは、主にみなさんが住んでいる市区町村、つまり地方公共団体が運営しています。ほかには、自営業の人が職業ごとにつくる国民健康保険組合が運営している場合もあります。
国民皆保険といって、日本に住む国民は何らかの社会保険に入る必要があります。
日本に住むみんなで助け合うという目的で、何らかの社会保険に入ることが必要となっているのです。
なので、国民健康保険以外にも社会保険があります。
サラリーマンは健康保険、医者や理容師の人は健康保険組合、公務員は共済組合といった社会保険にそれぞれ加入することとなります。  

国民健康保険に加入する人

永平寺町に住所がある人は、次のいずれかに該当する場合を除き、すべての人が国民健康保険に加入しなければなりません。
他の健康保険(健康保険・共済組合・後期高齢者医療保険等)の被保険者とその被扶養者の人
国民健康保険組合(医師国保・歯科医師国保・建設国保等)の被保険者の人
生活保護法による保護を受けている人 
在留期間が3か月未満の外国籍の人 

情報配信元

民生部門 住民生活課

電話番号:0776-61-3945 
ファックス:0776-61-3464
メール:jumin@town.eiheiji.fukui.jp
このページの担当にお問い合わせをする(メールフォームへ)

このページに関するアンケート

ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。

ご回答ありがとうございました。