最終更新日:2013年10月30日

ページID:000207

印刷

ご家庭でできる簡単漏水確認

水道管が古くなったり、凍結等により地中や床下等で漏水することがあります。

漏水の場所によって対応が違います。

  1. 本管からメータまでで漏水している場合は、上水道課へ連絡してください。
  2. メータから宅地内で漏水している場合は、お客様より永平寺町指定給水装置工事事業者へ連絡してください。

宅地内の漏水確認方法

パイロットについて

(パイロットについて)

  1. 家屋内外の蛇口をすべて閉め、便所・電気温水器・湯沸し器等の水を止めます。
  2. 次に、水道メータボックスの蓋を開けると写真のような水道メータが取り付けてありますので、そのメータのパイロットが回っているか確認します。水がメータを通過するとパイロットが回り指針が増えていく仕組みになっておりますので、回っていればメータから蛇口の間、つまりお客様の宅地内で漏水していることになります。


トイレ等流した後は、タンク等に水が溜まるまで少々時間を要しますので、タンクが満水になるまで待ってから確認してください。
また、少量の漏水では分かりにくい場合がありますので、一度蛇口を全開にしてパイロットの回る状態を見ることにより、ある程度の判別ができます。

情報配信元

産業建設部門 上下水道課

電話番号:0776-61-0277 
ファックス:0776-61-2545
メール:suido@town.eiheiji.fukui.jp
このページの担当にお問い合わせをする(メールフォームへ)

このページに関するアンケート

ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。

ご回答ありがとうございました。