本文へ

永平寺町

めぐる感動 心つながる清流のまち えいへいじ

文字の大きさを変える

フォントサイズ標準 フォントサイズ中 フォントサイズ大

配色を変える

背景標準 背景黒 背景青 背景黄

永平寺町の木

最終更新日:2014年3月12日|ページID:000617 印刷

永平寺町の木

永平寺町の木[油桐(あぶらぎり)]
永平寺町には、お祭りやお盆などに、油桐の葉で包んだマスのお寿司を作る独特の風習がある。これは、自然の恵みに感謝し、豊作、豊漁への祈りを込めて、先人たちによって生み出されたものであり、マスも本来は九頭竜川を遡上するサクラマスであった。
このお寿司は、ハレの日に家族と喜びを分かち合い、客人をもてなすために欠かせないものでもある。その伝統は母から子へと脈々と受け継がれ、油桐は[お寿司の木]として人々に親しまれ、家々の庭先などで大切に守り続けられてきた。

 

アブラギリの木
最終更新日:2014年3月12日|ページID:000617 印刷
永平寺町役場 本庁 〒910-1192 福井県吉田郡永平寺町松岡春日1丁目4番地(地図・アクセス) 代表番号 0776-61-1111/ファックス 0776-61-2434