本文へ

永平寺町

うるおい・やすらぎ・人がきらめくまち・永平寺町

文字の大きさを変える

フォントサイズ標準 フォントサイズ中 フォントサイズ大

配色を変える

背景標準 背景黒 背景青 背景黄

永平寺町の花

最終更新日:2013年10月30日|ページID:000618 印刷

 永平寺町の花

永平寺町の花[梅(うめ)]
梅は厳しい冬の間、雪の中でつぼみを膨らませ、忍耐強く春を待ち、桜や桃よりも早く春一番に開花することからパイオニア精神の象徴とされる。また、道元禅師は梅の樹や花を非常に愛好された方のようで、「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」の中に「梅華の巻」があることからもそのことは知られるし、「永平広録(えいへいこうろく)」の中にも梅を詠まれた詩は決して少なくない。「正法眼蔵」の「梅華の巻」で道元禅師は、単に梅の樹や花に対する愛好の念にとどまらず梅という姿を通して開示される宇宙秩序そのもののあり方を述べられている。

梅の花

最終更新日:2013年10月30日|ページID:000618 印刷
永平寺町役場 本庁 〒910-1192 福井県吉田郡永平寺町松岡春日1丁目4番地(地図・アクセス) 代表番号 0776-61-1111/ファックス 0776-61-2434