最終更新日:2017年3月17日

ページID:002125

印刷

自立支援医療(更生医療)について

自立支援医療(更生医療)について

身体障害者手帳の交付を受けた方(18歳以上)が、その障害を除去または軽減し、生活能力の向上や社会活動を容易にするために必要な医療を指定医療機関で受ける場合、その医療費を助成します。事前の申請が必要で、認定を受けると原則医療費の1割が自己負担をなります。ただし、町民税(所得割)が23万5千円以上の場合は対象となりません。

(重度かつ継続(腎臓機能障害、小腸機能障害、肝臓機能障害、免疫機能障害)、医療保険の多数該当は対象となります。)

医療の範囲(例)

視覚障害・・・水晶体摘出手術
聴覚障害・・・人工内耳
そしゃく機能障害・・・歯科矯正治療
肢体不自由・・・人工関節置換術
心臓機能障害・・・冠動脈バイパス術、ペースメーカー埋込み術
腎臓機能障害・・・人工透析療法、腎移植術
小腸機能障害・・・中心静脈栄養法
肝臓機能障害・・・肝臓移植術、移植後の免疫抑制療法
免疫機能障害・・・抗HIV療法、免疫調整療法

 申請に必要なもの

自立支援医療(更生医療)支援認定申請書
自立支援医療指定医療機関の意見書
身体障害者手帳
医療保険の被保険者証
特定疾病療養受給者証(腎臓機能障害の方)
医療保険の高額医療費の受給状況のわかる書類(同一世帯において直近12か月に高額医療費の支払が3回以上あるときに必要です)
年金証書又は振込通知書
印鑑(スタンプは不可)

適用期間

おおむね3か月の入院を限度とします。人工透析、腎移植に伴う免疫療法、歯科矯正、抗免疫療法などは、その治療の性格から1年間を限度とします。従って続けて治療を行うときは、再認定の申請が必要となります。

給付の判定

要否については、更正相談所の判定が必要です。給付は身体障害者手帳交付日以降の適用となります。

関連ページ

情報配信元

民生部門 福祉保健課

電話番号:0776-61-3920 
ファックス:0776-61-3464
メール:fukushi@town.eiheiji.fukui.jp
このページの担当にお問い合わせをする(メールフォームへ)

このページに関するアンケート

ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。

ご回答ありがとうございました。